FC2ブログ

記事一覧

2019年8月11日の事

2011.8.11.の事             2019.8.17.台風10号が近づきメディアは連日の報道であり、35度を超す連日猛暑の中山に行けば涼風に恵まれるかと午後にペットボトルと、「子どもにウケる化学手品77」の本持って出かけた。ベンチで本を開いたら、懐かしい写真が挟まれていた。 そうかーーー。西東京で開催した。チャリティーショーで石田天海先生のマンモスシルクを舞台一面に出して会場大喝采で...

続きを読む

いい本みっけ NO2

いい本みっけ   no2              2019.8.9.    夏目漱石の明治   著者   小宮 洋          発行所  「株」風詠社奇友のお兄さんの友達が書いた本。福岡県の人、相当に、いや、それ以上に漱石。大好き人間の様です。私も漱石の小説は好きでなんぼか読んで要るが、この本はこまめに史実を拾い出し、つなぎ合わせて、養父母との生活、結婚した妻との暮らしも、総じて「不愉快」な...

続きを読む

発表会の前に

発表会の前に。               2019.7.11.ガラス張りの大きな箱、幅1M20CM位、高さ2Mは超えていそうな三方ガラス張りの箱に,木造の達磨大師が祭られているのが先月来た時から気になっていたので、ここで写真を撮るがガラス張りなので反射していて良く撮れない感じがする。お山は今日も参拝者は一人もいないので、観音様に発表会が無事に終わります様に御願いして。大仏様の御顔を見上げながら、...

続きを読む

いい本 みっけ?

いい本 みっけ?                      No1読書家ってどんな人を言うのかな。「読書家の定義を教えてください」と智慧袋で調べてみると。読書家の定義?は 読書家という言葉は、実はハッキリとした意味は持ちませんとか・ベストアンサーの選ばれた回答の中に感想が有りました。趣味は読書ですが、読書家ではありません。どういう印象を持つかと言うより「あの人どんな本を読むのだろう?」って思います...

続きを読む

仙台あれこれ

仙台あれこれ。仙台に来たのは久しぶりだ。数年前に発表会の演技のお手伝いにきた。その前にレクチャーの為に数回訪れている、あれは十数年前の事だ。市内を流れる大きな川のそばにその施設があった、この時は「玉すだれ」を指導した。二十代の始めに、職場の先輩に連れられて、秋田から蔵王のお鉢巡り後に仙台に下山して、塩釜。松島、瑞巌寺を見学して、金華山に行ったことがあった仙台は思い出の重なった場所でもある。今回は節...

続きを読む